カレン族について
歴史について
カレン族はタイ北部とミャンマー(ビルマ)に住んでいます。
カレン族の400万人から700万人の間とみられています。
カレン族を知るためにはミャンマー(ビルマ)の歴史を知る必要があります。
ミャンマーに住んでいるカレン族はミャンマー軍事政権と
長い間戦っており今現在も戦っております。
戦いはビルマ王朝時代にさかのぼります。
ビルマ族はカレン族を迫害していました。
しかし、ビルマ王朝はイギリスに戦争に負けて植民地になります。
カレン族は警察や植民地正規軍に抜擢されビルマ族は除外されます。
1948年ビルマ軍は植民地を解放しビルマ独立国家になります。
カレン族はイギリスの味方とし処刑、強制労働をさせます。
そしてカレン族は独立国家をめざし戦うことになります。
今現在は 少数民族としての権利、自由と平等を求める民主的な政府を作る戦いを続けています。
カレン族シルバーについて
カレン族のシルバーは不純物の少ない純度97%以上の
ピュアシルバーでできています。
シルバーは純度が高ければやわらかくなります。
手作業で作るため純度の高いピュアシルバーを
使っています。
カレン族のシルバーは模様にそれぞれ意味があるそうです。
魔よけだとかいろいろあるみたいですが
それを知っている人は今はあまりいないそうです。